成分
体に必要な食物繊維 〜第六の栄養素〜
消化・吸収されない食物繊維は、
昔は栄養的に価値のないものと考えられていました。
しかし、健康維持のために大切であることが分かり、
現在では「第六の栄養素」と呼ばれています。
 
不足している食物繊維摂取量
私たちに必要な食物繊維は、成人1日あたり
男性は19g以上、女性は17g以上とされていますが、
実際はほとんどの年代が目標量に達していないのが
現実。
右のグラフから、10代〜40代は
特に不足していることがわかります。
最も摂取量が多いとされる60代も、
目標量までは摂取できていません。
食事だけで目標量を摂取することは難しいので、
日常生活で積極的に補う必要があります。
栄養成分表示
(1包10g当たり)
エネルギー 15.8kcal
タンパク質0.06g
脂質0.02g
糖質1.99g
食物繊維7.37g
ナトリウム0.6mg
成  分 難消化性デキストリン、オリゴ糖(ラフィノース・スタキオース)、酵母エキス末、L−シトルリン、鉄含有乳酸菌、亜鉛含有乳酸菌、ショ糖、酸味料、香料、甘味料(スクラロース)
成分の特長
難消化性デキストリン
原料は、天然のトウモロコシでんぷん。消費者庁や米国食品局に安全であると認められている水溶性食物繊維です。低カロリーで食品に添加しやすく、多くの健康食品や特定保健用食品(トクホ)に利用されています。
2大オリゴ糖

ラフィノース
主にビートから抽出生成される天然のオリゴ糖。キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなど、植物に広く含まれる成分です。大腸まで届いてビフィズス菌を増殖させる働きがあります。

スタキオース
大豆オリゴ糖の主成分として知られる、天然の非還元性オリゴ糖。ウリ科の植物に含まれることも多く、ビフィズス菌を増殖させる作用のほか、納豆菌にも有効に働きます。

酵母エキス

酵母エキスに含まれるグルタチオンは、生きる上で必要不可欠な成分といわれ、加齢により体内合成できる量が減るので、食品から摂取する必要があります。